LPガス

LPガスは「Liquefied Petroleum Gas」、つまり液化石油ガスの略称で、一般的には頭文字をとってLPガスと呼ばれています。主原料は「プロパン」で、液体の状態で貯蔵・配達され、使用時には気体で消費されます。液体から気体になると体積が焼く250倍に増加します。また、空気より重たいので、ガスが漏れると床面など低いところに滞留しますので、ガスもれ警報機は低いところに接地します。

LPガスの特徴

LPガスの安全性